Blog&column
ブログ・コラム

マグカップにソーサーを付けておもてなしを

query_builder 2021/05/13
コラム
4
ソーサーにカップをのせるだけで、おもてなしムードがグッとアップします。
お客様が見えてコーヒーを出すときには、マグカップにもソーサーを付けてて丁寧なおもてなしをしてみましょう。

▼カップにソーサーを付けるのはなぜ?
コーヒーや紅茶を飲むカップにはお揃いのソーサーがセットになっているものも少なくありません。
このソーサーには、どんな役割があるのでしょうか。
ヨーロッパでは中世の時代、持ち手が付いていないボウルのような器でコーヒーや紅茶を飲んでいたと言われています。
その後さらに優雅なティータイムを過ごすことを目的としてソーサーが生まれ、ボウルのコーヒーやお茶をソーサーに移して温度を下げて飲んでいました。
その頃の名残として、現在もソーサーにカップをのせて使っており、今ではカップがのせやすいように窪みのあるソーサーが一般的になりました。

▼レパートリー豊かなソーサー
現在では、カップとお揃いのソーサーにもさまざまなレパートリーのものが登場しています。
カップだけをのせるのではなく、スプーンやミルクを添えることができる普通のソーサーをはじめとして、ちょっとしたお菓子ものせられるような少し大きめのソーサーもあります。
来客の際には、ソーサーの上にマグカップとお菓子を一緒にのせて出すだけで、気のきいたおもてなしになります。

▼まとめ
カップのソーサーはもともと、飲み物をカップから移して冷まして飲むために使われていました。
現在はカップの受けとして使われており、デザインやサイズが豊富に用意されています。
素敵おもてなしの食器なら、atelier BOKKOでも取り扱っておりますので気軽にホームページなどご覧になってください。

NEW

  • 秋晴れ。

    query_builder 2021/09/22
  • 台風の季節。

    query_builder 2021/09/17
  • 今週もミニマルシェ。

    query_builder 2021/08/31
  • 今週の出展。

    query_builder 2021/08/18
  • YOKOHAMAクラフトマーケット。

    query_builder 2021/08/09

CATEGORY

ARCHIVE