Blog&column
ブログ・コラム

和食の基本的な食器の置き方について

query_builder 2022/01/01
コラム
37
来客時などに食事を出そうとして「食器の置き方が分からない」と悩んだ経験をお持ちではありませんか。
毎日のように和食を食べていても、基本的な食器の置き方が分からない人は意外と多いですよね。
和食は、身近な食事だからこそ、正式なルールを知る機会が少ない食事だとも考えられます。
そこで和食での食器の置き方について、どうしたら良いか見ていきましょう。

▼和食の基本的な食器の置き方について
和食の場合、基本的な食器の置き方は以下の通りとなっています。
・箸…一番手前
・飯椀(ごはん)…左手前
・汁椀(味噌汁など)…右手前
・主菜(刺身や揚げ物など)…右奥
・副菜(焼き物や蒸し物など)…左奥
・副副菜(和え物や煮物など)…中央
基本的な置き方が分かれば応用も可能であるため、便利です。
料亭などで出される料理も、品数は増えるものの基本的な置き方を応用したものとなります。
そこで、まずは基本となる「一汁三菜」での置き方を覚えておくことをおすすめします。

▼まとめ
もしも来客に和食を出すとしたら、「料理を入れる食器にもこだわりたい」と考える方が多いのではないでしょうか。
美しい食器に盛り付けられた料理を見ると、自然と食欲も増すものですよね。
そんな美しい食器を手に入れたいと考えているなら、神奈川県の「atelier BOKKO」が行っている通信販売をご利用ください。
1つ1つ大切に作られたこだわりの陶器を数多く揃えており、好評となっています。







NEW

  • Maika‘i 6th Anniversary コラボ企画。

    query_builder 2021/12/28
  • Christmas night☆market。

    query_builder 2021/12/28
  • 今年最後の、たまごマルシェ。

    query_builder 2021/12/15
  • 埼玉県民の日。

    query_builder 2021/11/12
  • HALLOWEEN marché at ZAMA。

    query_builder 2021/11/03

CATEGORY

ARCHIVE